●全記事一覧●
準備旅のきっかけ><行程と日程><行程表><荷物
0日目 <渋谷
1日目 <徳島1><勝瑞><板野><引田><津田><琴平><高松
2日目 <長尾・造田・志度><丸亀1><丸亀2><多度津><善通寺
3日目 <観音寺><川之江><西条><今治><松山
4日目 <道後温泉・高浜・横河原><内子><大洲><八幡浜
5日目 <三瓶><卯之町><吉田><宇和島・宿毛>
6日目 <土佐清水><足摺岬><中村><窪川><須崎><高知1>
7日目 <高知2><安芸><室戸岬>
8日目 <甲浦><日和佐><小松島><徳島2>

2008年08月03日

1日目-4 引田

2008年7月5日(土) 引田

相変らずの曇り空の中、引田駅で列車を降りる。
引田駅は東かがわ市の東部の国道沿いにある。
特急が数本止まり時間限定で駅員もいるが、コインロッカーは見当たらなかった。
駅舎はあまり綺麗ではなく、ベンチの座布団には小さな虫の死骸がたくさん。
街の散策マップ入れには蜘蛛の巣がかかり、しかもなぜか京都のパンフレットが入っていた。
僕は間違ってそれを持っていってしまった。

01-4-1.jpg

引田は最近、歴史ある町並みを残して観光化も図っているようである。

01-4-2.jpg
01-4-4.jpg

実際に部分的には古い建物があるのだが、
町並み全体としては普通の田舎街といった風情だ。

01-4-5.jpg

醤油のかめびし屋讃州井筒屋敷あたりはそれなりに昔からの造りを残している。
が、一人ということもあるし荷物もあり、中を覗くことはしなかった。
まだ朝だからか、観光客らしい人はほとんど見かけなかった。

01-4-7.jpg

この旧引田郵便局の建物(現・風の港館)との讃州井筒屋敷近くの倉庫(? 画像下)はなかなか見ごたえがあった。

01-4-6.jpg

ここへ来て気づいたのは、狭い路地がいくつもあるということ。
普通なら通れなくしてしまうような幅だが、
家屋の入口位置の関係か、ここは狭い道が現役の生活道路なのだなと思った。
(下の画像はかめびし屋脇の道路。まだ広いほうか。)

01-4-7a.jpg

後から知るのだが、それはここだけの話ではなかった。
四国の北側は、本当に狭いけれど通行可能な路地がたくさんある。

01-4-3.jpg

南はこの旅館あたりまで、北は誉田八幡神社のあるところまで歩き、
あとは駅で座って過ごした。駅の中に喫茶店が併設されていたが、入らなかった。

例によって駅前の観光マップを掲載しておく(クリックで大きい画像)。
東かがわ市01-4-9.jpg
引田地域01-4-8.jpg

次はまた普通列車で讃岐津田駅へと向かう。

1日目-3・板野< >1日目-5・讃岐津田
 
参考リンクを見る
ラベル:香川県
posted by しかすけ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 1日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。