●全記事一覧●
準備旅のきっかけ><行程と日程><行程表><荷物
0日目 <渋谷
1日目 <徳島1><勝瑞><板野><引田><津田><琴平><高松
2日目 <長尾・造田・志度><丸亀1><丸亀2><多度津><善通寺
3日目 <観音寺><川之江><西条><今治><松山
4日目 <道後温泉・高浜・横河原><内子><大洲><八幡浜
5日目 <三瓶><卯之町><吉田><宇和島・宿毛>
6日目 <土佐清水><足摺岬><中村><窪川><須崎><高知1>
7日目 <高知2><安芸><室戸岬>
8日目 <甲浦><日和佐><小松島><徳島2>

2011年05月09日

4日目-1 道後温泉・高浜・横河原

2008年7月8日(火) 道後温泉・高浜・横河原


旅も4日目。2つ目の県庁所在地を過ぎる日でもあり、精神的には折り返しの日である。
今日は午前中を伊予鉄乗りつぶしに使い、
午後は内子・大洲で下車して歩き、宿泊地は八幡浜となる。移動距離は長くはない。

朝起きるとまず、持参のゆうパック用紙袋にこれまでの使用済みの衣類を詰めた。
今日着ていくものを除き、衣類は全て名古屋の実家に送る。
手間をかけず荷物を少なくする知恵(?)である。

珍しく今日はホテルの朝食だ。朝食も宿泊料金に含まれている。
ふりかけおにぎり(数種類のバイキング)と味噌汁だが。
それでも4000円前後でこのサービスはありがたい。
ビジネスマンに囲まれ、朝一番でいただく。

まだ早いうちにホテルを出て、計画通りに伊予鉄に乗る。
午前のうちにほぼ全線を乗りつぶすために、綿密な乗り換え計画が立ててある。

まず大手町から本町六丁目へ。そして本町線で道後温泉へ向かう。
本町線は本数が少なめなので、乗り継ぎを考えるのに少し悩んだ。
広い道路の真ん中を走る、なんてことのない路線ではあるのだが一応乗っておきたかった。

04-1-1.jpg

▲道後温泉駅前、坊っちゃん列車。なんとなく撮った。
▼早朝のため、道後温泉のアーケードの店はやってない。温泉そのものにはあまり興味なし。
そういえば城跡には見向きもしなくなった・・・疲れるし(近隣に松山城・湯築城がある)。

04-1-2.jpg

このあと松山市駅へ出て伊予鉄高浜線に乗りかえ。

04-1-3.jpg

▲本当は三津も歩きたかったが時間の関係で断念。車窓から撮影。
▼同じく車窓から興居島方面。のんびりしたいい路線だ。

04-1-4.jpg

04-1-5.jpg

終点の高浜駅に到着。レトロな雰囲気が素晴らしい駅舎だ。

04-1-6.jpg

高浜ではひとつ用事をこなす。
駅のすぐ南にある郵便局がもう開いているので、ここで先程の荷物を送るのだ。
夏物衣料ばかりとは言え、持ち物が一気に軽くなる。

04-1-7.jpg

▲ちなみに駅前はすぐ船着き場。
▼駅が立派なのも、海への玄関口だからか。

04-1-8.jpg

再び高浜線で引き返す。
高浜線は横河原線と直通しているので、今度は松山市を通過して横河原まで乗る。
元京王の古い車両に乗った(これを書いている現在はなくなったそうだ)。

04-1-9.jpg

▼終点の横河原駅。ここは松山市ではなく東温市となる。

04-1-10.jpg

横河原でもまた一仕事ある。今度は後半の服の仕入れだ。現地調達である。
向かうのは駅の北西にあるファッションセンターしまむら。
とりあえずなんでもあるから、ここで安いTシャツや下着・タオルを揃えれば良い。
郵便局もしまむらも、もちろん事前に調べて予定に組み入れた。

店はやや遠く足が痛むが、なんとかたどりつき、適当なシャツを素早く物色。
あとはセットものの靴下・トランクス、3枚組のハンドタオルを購入した。

横河原駅から松山市駅へと引き返し、郡中線に乗り換えて郡中港駅へ。
荷物を新たにして四国一周後半の旅のスタートである。


3日目-5 松山< >4日目-2・内子
ラベル:愛媛県
posted by しかすけ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 4日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。