●全記事一覧●
準備旅のきっかけ><行程と日程><行程表><荷物
0日目 <渋谷
1日目 <徳島1><勝瑞><板野><引田><津田><琴平><高松
2日目 <長尾・造田・志度><丸亀1><丸亀2><多度津><善通寺
3日目 <観音寺><川之江><西条><今治><松山
4日目 <道後温泉・高浜・横河原><内子><大洲><八幡浜
5日目 <三瓶><卯之町><吉田><宇和島・宿毛>
6日目 <土佐清水><足摺岬><中村><窪川><須崎><高知1>
7日目 <高知2><安芸><室戸岬>
8日目 <甲浦><日和佐><小松島><徳島2>

2008年07月16日

準備-2 行程と日程

旅行を決断した自分は、次に行程を考えた。
これには1〜2ヶ月くらいを要した。計画するのも楽しいものだ。

四国に行くことなど今後滅多に無いことなので、
もう二度と行かないつもりで、いろいろな街を見たい。
観光名所にはあまり興味はないが、街を見るのは好きだ。
他所の生活の場に入り込む事こそ、自分の旅の醍醐味。
観光客向けの場所は、よほど時間に余裕がないと行く気がしない。

一周するとしたら、だいたい1週間はかかるだろう。
夜行高速バスを使って起終点の都市まで移動し、そこから6-7泊でどうか。
連絡橋がある今、夜行バスの運賃が安いのは当然東端の都市だから、徳島だろう。
徳島から高松方向へは鉄道移動がしやすい。
早朝着くことを考えると、反時計回りがよさそうだ。
・・・などと考え、ネットの時刻表などを使って計画していった。

問題は宿泊地点の置き方だ。
ネットカフェとか野宿は論外として、
ビジネスホテルくらいのところ(4000-5000円前後)で泊まりたい。
小さな街では泊まりづらいし、競争がない分高くつきがちだ。
しかしそうそう都合よく大きな街はない。相手は四国だ。
また、移動手段が半端なところに泊まると時間がもったいない。
翌日スパッと、早朝のバスや電車に乗れるところがいい。

そのような諸々の事情から、行程を決めていった。
宿泊地は、高松・岡山・松山・八幡浜・土佐清水・高知・甲浦となった。
(詳しくは次項で書く。)
ホテルの予約はネットで1ヶ月前に済ませた。
現地でいちいち探したり交渉するのは自分にとっては疲れるからだ。

日程は、7月の第2週をメインとした。
夏休み前だからホテルも取りやすく、値段も高くない。
梅雨が明けていれば天気も良さそうだ。
休みは比較的自由に取れるので問題ない(多くの20代後半にはそこが問題だろうけど)。

かなり綿密な計画を楽しみながら作ったが、
公共交通の旅である事と、自分に交渉能力が乏しい事が細かさの要因だろう。
しっかりした準備がないと落ち着いていろいろ見て回れないのだ・・・。

準備-1< >準備-3
 
ラベル:準備
posted by しかすけ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。