●全記事一覧●
準備旅のきっかけ><行程と日程><行程表><荷物
0日目 <渋谷
1日目 <徳島1><勝瑞><板野><引田><津田><琴平><高松
2日目 <長尾・造田・志度><丸亀1><丸亀2><多度津><善通寺
3日目 <観音寺><川之江><西条><今治><松山
4日目 <道後温泉・高浜・横河原><内子><大洲><八幡浜
5日目 <三瓶><卯之町><吉田><宇和島・宿毛>
6日目 <土佐清水><足摺岬><中村><窪川><須崎><高知1>
7日目 <高知2><安芸><室戸岬>
8日目 <甲浦><日和佐><小松島><徳島2>

2008年08月03日

1日目-5 讃岐津田

2008年7月5日(土) 讃岐津田

引田の次は、お隣・さぬき市の讃岐津田駅で下車する。
ここに下車するのを決めたのは全面的に、地図で道路の形を見たおかげである。
地図を見れば歩きたいかどうかがだいたいわかる。

01-5-1.jpg

まずは水路に沿って、津田の松原方面へ歩く。
ここでも荷物は全て持ったまま。

01-5-2.jpg

津田の松原は鬱蒼としている。ただし樹は風で変に曲がったりはあまりしていない。
海風で曲がった松原はなかなか怖いものがあるが、ここはそんな感じは皆無。
海水浴場もありすでにお客がそこそこ来ていたようだ。
僕はあまり海水浴は好きじゃないので興味なし。

ここで黒い雲が出てきて、今にも雨が降り出しそうだったので、
道の駅の休憩室へ避難(小さな道の駅だが無料休憩室がある)。
結局そんなには降ってこなかったので歩き出したのだが、
微妙な降りだったので、今度はスーパー(マルナカ)に避難。
しばらく店内で身体を冷やしていたら雨もあがった。
飲み物を買って外に出る。

01-5-3.jpg

津田は水路が多い。僕は水路ブログもやっているので、良いネタが撮れた。

松原とは反対、駅より北側を歩いていると、突如屋根つきの商店街が。

01-5-4.jpg

商店街の割にはものすごく静かだが、まだ半分以上の店は営業している。
けっこう街外れのほうなのに。
これも後でわかることだが、四国は田舎町にもアーケード街がけっこうある。
関東では駅前でも減ってきているのだが。

他にも古い家屋が点在していて、時折目をひく。

01-5-5.jpg

01-5-6.jpg

北側の津田港まで歩いて、さらに北原という地域まで行って折り返す。
帰りはふるさと海岸という愛称の海岸沿いを歩いた。
こちらも低い松が植えられている。

01-5-7.jpg

01-5-8.jpg

再び駅に近いほうに戻る。こちらも歴史を感じる商店や商店跡がある。
僕はどちらかというと、ひとつ前の引田よりは津田の街が好きだ。
由緒はあまりないのかもしれないが、歩いて楽しいのはこっち。

01-5-9.jpg

駅前の観光案内。さぬき市の市役所はかなり高松寄りにある。
(クリックで大きい画像。)
01-5-10.jpg

さて、事前の予定では造田から長尾へ歩いて高松へ行って終わりなのだが、
荷物を持ったままの歩行に若干疲れてしまった。
ここまでコインロッカーがないとは思わなかったのだ。
そのため、この日はこのまま高松へ行きホテルに荷物を置き、
明日予定していた琴平へ先に行くことにした。

1日目-4・引田< >1日目-6・琴平
 
さぬき市 公式サイト

さぬき市 - Wikipedia

さぬき市観光協会
ラベル:香川県
posted by しかすけ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 1日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。