●全記事一覧●
準備旅のきっかけ><行程と日程><行程表><荷物
0日目 <渋谷
1日目 <徳島1><勝瑞><板野><引田><津田><琴平><高松
2日目 <長尾・造田・志度><丸亀1><丸亀2><多度津><善通寺
3日目 <観音寺><川之江><西条><今治><松山
4日目 <道後温泉・高浜・横河原><内子><大洲><八幡浜
5日目 <三瓶><卯之町><吉田><宇和島・宿毛>
6日目 <土佐清水><足摺岬><中村><窪川><須崎><高知1>
7日目 <高知2><安芸><室戸岬>
8日目 <甲浦><日和佐><小松島><徳島2>

2011年12月03日

4日目-3 大洲

2008年7月8日(火) 大洲


伊予大洲駅に着いたはいいが、コインロッカーが発見できなかった。
どこかにあったのかもしれないが・・・(現在はあるようだ)。
仕方が無いので荷物を持ったまま行動することにする。
旧市街地は肱川の向こうにあり、駅からは南に1.2キロ。
昼間のバスは少なく、1時間ほどは来ない。歩くしかない。
時刻は14時半くらいで、暑い盛りだ。

とぼとぼと旧道(とのまち商店街)を歩く。
普段ならなんてことのない距離だが、暑い中荷物を持っているとなると、気が遠くなる。

04-3-01.jpg

▲地方ならではのレコード店。
▼商店街の街灯が一直線に続き、先がはるか遠く感じる。

04-3-02.jpg

商店街南端部には醤油や味噌を商う店があり、
そこだけは香りが強烈だった。ぼんやりした頭に、少し刺激が受けられた気がした。

04-3-03.jpg

大洲街道の肱川橋からは大洲城が見えた。気候がよくて元気なら行ってみたいが、
この景色だけでもかなり満足だ。

04-3-04.jpg

ようやく旧市街地に着き、とりあえずぐるりと見ることにする。
大洲街道を挟んで東西に街が広がっている。

中一商店街という、ほとんど車の抜け道のような通りを、気をつけながら歩く。
暑いし、歩いている人がほとんどいない。

04-3-05.jpg

アーケードの日陰がありがたい。
大洲ではこうした大きいアーケード街はごく部分的にしか見られなかった。

04-3-06.jpg

とても狭い歩道の上に屋根をつけている商店街もあった。
書店の雑誌までうなだれている。

04-3-07.jpg

本町二丁目という商店街に入った。ここは古い佇まいが見られるが営業店は多くない。

04-3-08.jpg

このレトロ看板の並んだところの先の、冷房のきいた観光案内所のベンチで休んだ。
動きたくない、動きたくない・・・。
案内所にはどこかからの視察のおじさんの集団がいた。

04-3-09.jpg

休憩のあと、古い町並みのある場所を歩いた。
現役商店としてというよりは、保存されているという感じだった。

04-3-10.jpg

おはなはん通りというのを見て、また徒歩で駅へ戻った。

04-3-11.jpg

04-3-12.jpg

川の風景は抜群にいいのだが、夏場に歩くのはちょっと辛い街だった。


4日目-2 内子< >4日目-4・八幡浜
ラベル:愛媛県
posted by しかすけ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 4日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。