●全記事一覧●
準備旅のきっかけ><行程と日程><行程表><荷物
0日目 <渋谷
1日目 <徳島1><勝瑞><板野><引田><津田><琴平><高松
2日目 <長尾・造田・志度><丸亀1><丸亀2><多度津><善通寺
3日目 <観音寺><川之江><西条><今治><松山
4日目 <道後温泉・高浜・横河原><内子><大洲><八幡浜
5日目 <三瓶><卯之町><吉田><宇和島・宿毛>
6日目 <土佐清水><足摺岬><中村><窪川><須崎><高知1>
7日目 <高知2><安芸><室戸岬>
8日目 <甲浦><日和佐><小松島><徳島2>

2011年12月05日

4日目-4 八幡浜

2008年7月8日(火) 八幡浜

大洲から各駅停車で、この日の宿泊地・八幡浜に到着。
ホテルは駅から少しあるので、バスに乗った。
このバスはまったく下調べしていなかったが、海側に行きそうなバスに適当に乗った。
そして近そうなバス停で適当に降りた。

この日のホテルは、価格帯は他の宿泊地点と同じだが、とても広かったのが印象に残っている。
海水浴客向けっぽい造りで、水着干しがあった。
すぐ向かいは宇和島バスの八幡浜営業所だ。

04-5-01.jpg

▲ホテル近くの中央マーケット。すぐに閉まった。


荷物を置いて外に出た。夕暮れ時の商店街を歩く。
ようやく、少し暑さも和らいだ。荷物がなければ歩きやすい。

04-5-02.jpg

銀座商店街と新町商店街という、ふたつの繋がったアーケード街がある。
夕刻にしては寂しいが、古い建物が多く、楽しく歩けた。
特にアーケードに見え隠れする二階部分の造りが面白かった。

04-5-04.jpg

04-5-03.jpg

八幡浜は人口4万人そこそこだが、中心商業地はしっかりとある。
平地が少なく、郊外に市街地が伸びて行かないのだろう。
独立した地域という感じが強く、気に入った。

04-5-05.jpg

さらに駅寄りのレンガ通りまで歩いて、
あまりよく覚えていないが、結局スーパーで何か食べ物を買ったように思う。

04-5-06.jpg

04-5-07.jpg

ほとんど商店街の部分しか見ることができず、
もう少し歩きたいと思う街だったが、日も暮れてきたのでホテルに戻った。
次の日は朝早いバスに乗るので、すぐに眠った。



翌朝、7時33分発のバスに乗るために営業所で待つ。
券売機でバスの切符を買うのは久しぶりだ。

04-5-08.jpg

バスの本数のわりに、かなり立派な営業所だ。
あとで気づいたが、宇和島バスはこうした待合所を多数備えているようだ。

04-5-09.jpg

向かうのは西予市の三瓶である。鉄道はなく、バスでの移動となる。
直前までこのルートにするか鉄道にするか迷ったが、
どうせもうJR四国のバースデイきっぷの効果は切れたのだから、
より地域性を感じられるバスを選んだ。

4日目-3 大洲< >5日目-1・三瓶
ラベル:愛媛県
posted by しかすけ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 4日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。